Ciao ソブリン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご報告””


皆さんご心配おかけしております。
ソブリンの病状について、ご報告しようと思いながら
書いているうちに、何だか長文になり、なかなかまとめられず
ご報告がすっかり遅くなってしまいました。

随分長々と書いてしまいましたので、どうぞお暇な時にお読みくださいね””


*** ソブリンの病状報告 ***

抗癌剤治療を始めて、すでに8ヶ月が過ぎました。
ソブリンの病気、多中心型悪性リンパ肉腫の中間生存率は
6ヶ月~1年と言われています。

ソブリンは発症から8ヶ月間、抗がん剤の効き目も良く
寛解状態を維持し、良い状態が続いていました。
発症時はグレード4の状態だったらしいです。
昨年7月の発症時には、グレードについては怖くて聞けませんでしたが
先日、何かの話しから、主治医が言っておりました。
今、知っても結構ショックでした。
だってグレードは1~5までなんです””
今思うと、そんな最悪の状態から、良く寛解へ持っていけたなと
びっくりしています。

リンパ腫の場合、完治はないので、
治療A→寛解→再燃→治療B→寛解→再燃 と繰り返しす事になります。
寛解から再燃まではの期間は、その子その子によって異なりますが
再燃するたびに使用する抗がん剤を強くしていくので、
癌は退治できても、抗癌剤よって健康な細胞までがやられしまい、
終いには使える抗ん剤がなくなったり、副作用により衰弱してしまったりで、
治療途中でお空へ・・・・・
となってしま子も少なくありません。

もちろん中には、治療をせずに数年寛解を維持できる子もいます。
リンパ腫のといってもいくつかの種類があるようなので
一概にはいえませんが・・・・・



実は、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが
ソブリンにちょっとした変化が起きています。
抗癌剤治療開始以来ほとんど消えていた、首のリンパのシコリが
10日ほど前から大きくなりました。

すぐに主治医に見ていただきましたが
「ちょっとリンパ腫が悪さを始めたかな?」との事。
「急激に大きくならなければ、しばらくは様子を見ましょう””」
と言うことでした。
「再燃??」と嫌な言葉が頭の中に浮かびましたが
怖くて主治医には聞けませんでした。
どうやら、少し、抗がん剤の反応が悪くなってきたようです。
もう少し強い抗がん剤を使用する必要が出てきたようです。

木曜の診察では、幸いシコリは大きくなっていませんでした。
ただ、小さくもなっていません。
どうやら再燃とまではいっていないようですが、
リンパ腫が少し悪さを始めています。
以前油断はできない状況だそうです。
いつ、突然に”パン”と腫れてくるかわかりません。



ソブリンはすでに14歳、この8ヶ月間の治療により
抗がん剤の副作用や、ステロイド投与のせいで、肝臓なども
だいぶ弱っています。
年齢や、今の体力を考えると、強い抗がん剤に耐えられるかが 心配です。

抗癌剤が強ければ、副作用もそれだけ強くなります。
食欲不振や、嘔吐、脱毛、下痢、臓器への負担などが考えられますが
ご飯が食べたれなくなったら、ソブリンの今の唯一の楽しみを
奪うことになります。
そんなこと私には到底できないのです。

抗癌剤を強くする以外にも方法があります。
抗がん剤は現在使用しているもののままで、
その変わりに、免疫治療を行う。
この治療法は、以前から主治医に少し薦められていましたが
そのときは、リンパの腫れ等なく、治療もうまくいっていたので
私としては、あえて新しい治療は考えていませんでした。
でも、今回の事態によって、免疫治療を検討しなくてはと
思っています。

免疫リンパ球療法は一部の大学病院とほんの数件の獣医師の
間でしか行われていない、高度先端医療です。

これまでは、自己リンパ球療法と言って、自己のリンパ球を取り出し
その数を増やして体に戻し、がん細胞と闘わせるという療法です。
ただ、この療法だと、すでに病気に侵されている元気のない
リンパ球ではガンと打ち勝つことができず、なかなか治療がうまく
行かないそうです。
主治医が行っている療法は、さらに進化したもので
他者リンパ球療法といって、元気な他のワンコのリンパ球だけを取り出し、
ソブリンの体に入れ、元気なリンパ球を増やして闘わせる療法です。
この療法は、すでに人間では何件も症例があり、良い結果が出ているそうです。
実際わんこにこの療法を行っているのは、今現在では、
この主治医だけだそうです。

症例は少なく、必ずしも良い結果が出るかどうかは確定できません。
ただ、副作用がほとんど無いとのです。
治療方法も30分の点滴だけだそうです。
14歳のソブリン、辛い治療や、副作用のある治療を受けさせるのは
負担になり可愛そうですが、副作用も負担もほとんどないのなら、
試してみるべきではないかと思っています。
ただ、まだ研究段階の治療法です。
ソブリンは実験台??という不安もあります。
でも、どんな治療にも研究は必須だと思うし、そうすることにより、
新しい治療方法が確立されていくのだと思います。
主治医も決して、実験台とは考えていないと思います。
ソブリンに少しでも良い効き目があればと考えて
薦めて下さっていると思います。
ただ、もちろんソブリンにその治療を行うことにより、症例も増えるので
ある意味、結果、研究材料になるのは事実かとは思います。

主人も私もすぐにでも他者リンパ球療法を始めてもらいたかったのですが
その前に、もうひとつ試す価値のあるお薬があるので、それを試して
効き目が無かったときに、リンパ球療法をしましょう””
と提案くださいました。

この薬は、豚の胸腺からできたお薬です。
胸腺という場所は、リンパ球を作り出す場所です。
この胸腺を丈夫にし、自己リンパを活性化させてみる
というお薬です。

このお薬で効果が現れてくれると良いのですが・・・・・


もう一つ心配なことが・・・・
ここのところまた一気に後ろ足が衰えました。
主治医に聞いたところ、リンパ腫の影響も少し出ているようです・・・・
オシッコとウンチでお外に行くのがやっとです・・・・・
家の廊下を歩いていてもフラフラ・ヨタヨタ壁にぶつかっています。
痛々しい。。。。。


でも、辛く苦しい毎日を過ごしている、美琉樹ちゃんの事を考えたら
ソブリンはまだまだ頑張らなくてはいけませんね””
治療の選択肢がある事、最先端医療を受けられる環境にあることに
感謝しなくてはいけません!!





ソブリンは今日も食欲満点元気にしています”””
これからも前向きがんばります。



スポンサーサイト

| 未分類 | 00:36 | comments:44 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Unknown

お話が先でしたのですっかりコメントが遅くなってしまいました。
ソブリン君と少しでも長く楽しくと思う中、今の獣医さんと共に戦って行かれることは素晴らしいことだと思いました。
高度な医療、研究中とはいえ幾つかの選択ができる環境、なかなかないことだと思います。
ソブリン君はアマビリタさんの選択されたことは全て受け入れ頑張ってくれると思います。

今のアマビリタさんとソブリン君のストレスのかからない生活がリンパ腫発見から長い時間が経過しても変わらなくいられるのだと思いました。いつもそこにはアマビリタさんとご主人さまの深い愛情が伺われます。
ソブリン君、かんばってよ~♪
ティーちゃんと応援しているからね。

| TOMY | 2007/04/02 15:50 | URL | ≫ EDIT

Tsさん

始めまして、コメントありがとうございます
鳥さんが6羽もいるのですね””
鳥さんもかわいいですよね
我が家にも、1羽、十姉妹がいます

ソブリン頑張りますね

| アマビリタ | 2007/03/31 01:01 | URL | ≫ EDIT

☆ハッピーの母さん

ありがとうございます””
ソブリンは今日も元気で、食欲満点です””
きっと治療がうまく行くと信じています

| アマビリタ | 2007/03/31 00:42 | URL | ≫ EDIT

頑張ってね

リンパのことは先月ピーさんの獣医さんにもいろいろと聞きました。 お薬で肝臓をということも。何とかご飯を少しでも食べて 頑張ってほしいいです。辛いとおもうけど、ご家族の皆さんの愛情とソブリンちゃんのパワーで! 神様にお祈りしています! 

| ハッピーの母より | 2007/03/30 09:11 | URL | ≫ EDIT

がんばってください

 こんばんわぁ。。。
 ランダムブログでやってきました。
 偶然の出会いに感謝です。
 ソブリンちゃん大変な病気にかかられているのですね。
 うちにも6羽愛する鳥がいますので、人事とは思えずで、、、
 もちろん薬もありますけど、あまり投与してもソブリンちゃんの体が疲れてしまうのですね。
 りんぱ種ができるだけ悪さをしないよう、、、かげながら祈ってます。

| Ts | 2007/03/29 23:14 | URL | ≫ EDIT

☆ロンちゃんの母さん

ワンコは話すことができないからね・・・・
本当はいろいろ聞いてみたいのですけれど・・・
私の決めたこときっと納得してくれますよね
そう信じなくちゃね!!
もう14歳!でもまだ14歳
もっともっと長生きさせたいです
ロンちゃんみたいに・・・・

| アマビリタ | 2007/03/28 23:52 | URL | ≫ EDIT

☆sachikoさん

ソブリン生命力あるのかな??
だといいのですが・・・・
本人はのんきにしています
ソブリンの場合は、リンパ腫とは別に老化との闘いもあるので、大変です
どちらとも仲良く共存しながら、低空飛行でよいので
平穏な毎日をできるだけ長く過ごせることを祈っています
ななちゃんもまだまだこれからも頑張りましょうね

| アマビリタ | 2007/03/28 23:48 | URL | ≫ EDIT

☆dandyママ

きっとどこまでしてあげても、後悔するのでしょうね!!
でも少しでも後悔が少なくすむように、今できる全ての事をしてあげたらいいですよね
皆さんの応援がとても励みになります
まだまだ一緒に過ごしたいので、ソブリン共々頑張っていきます
パワーありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします

| アマビリタ | 2007/03/28 11:36 | URL | ≫ EDIT

☆シンバママさん

ソブリンはシンバ王子の師匠ですから””
いつまでもかっこ良く、イカシタ奴でいないといけませんね
バゲットさえ目の前に出せば、いつでも元気いっぱいですよ

シンバママ(あーーバゲットのお姉ちゃんだった”)
また、バゲッド持ってお散歩係りさんと、王子と一緒に遊びにきてね    by ソブリン

| アマビリタ | 2007/03/28 01:25 | URL | ≫ EDIT

☆yukoさん

はじめまして、コメントありがとうございました。
ブログお邪魔しました””
ブラッキーちゃんにウイリーちゃん””かわいいですね!!
ウイリーちゃんは15歳””すごい””頑張っていますね!!ソブリンも頑張らなくちゃですね
応援ありがとうございますソブリン今日もウマウマです
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

| アマビリタ | 2007/03/28 01:21 | URL | ≫ EDIT

☆yukoさん

はじめまして、コメントありがとうございました。
ブログお邪魔しました””
ブラッキーちゃんにウイリーちゃん””かわいいですね!!
ウイリーちゃんは15歳””すごい””頑張っていますね!!ソブリンも頑張らなくちゃですね
応援ありがとうございますソブリン今日もウマウマです
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

| アマビリタ | 2007/03/28 01:21 | URL | ≫ EDIT

☆こままさん

ありがとうございます
ソブリンは今日も元気にしています
きっとこの調子でがんばってくれるのだと信じています
皆さんの応援がとてもありがたいです

| アマビリタ | 2007/03/28 01:12 | URL | ≫ EDIT

がんばって!

それしか言えません。
いろんな選択肢があって、完璧なものなんて
ひとつもありませんよね。
何を優先するのか・・・って言うのは、ソブ
リンくんは決めることができない。
家族であるアマビリタさんの決めたことを受
け入れてくれると思います。
だって、その決断の奥には愛があるんだもん。
きっとがんばれますよ、ソブリンくん。
たっくさんの方が付いているじゃないですか。
もちろん、私も応援してます。
またハンバーガー食べに行こっ!



| ロンの母 | 2007/03/28 00:03 | URL | ≫ EDIT

Unknown

何度も読ませていただきました。
ソブリン君には生命力の強さを感じます!
だからこんどの治療もきっといい結果が出ると思っています。
アマビリタさんとご主人様の愛情とみんなのパワーでいい方向に向かいますよ、絶対に。応援してます。

| sachiko | 2007/03/27 22:24 | URL | ≫ EDIT

☆うにまいすさん

はい!!
ソブリンは、ウマウマ命です
一生ウマウマで頑張ります
ゴルはやっぱり、ウマウマですから
食欲のないソブリンなんて見たくないもの

頑張っちゃいます

| アマビリタ | 2007/03/27 19:13 | URL | ≫ EDIT

☆マロプリサさん

そうなんですよ!!
皆同じ””最愛のワンコ達と、とにかくずーーーと
一緒にいたいですよね!!一分一秒でも

皆さんの応援にこたえられる様、頑張ってくれる予定です
ソブリンウマウマの為ならなんでも頑張ります

| アマビリタ | 2007/03/27 19:10 | URL | ≫ EDIT

☆メアままたんさん

本当に。。。。シニアになると、決断の難しさを痛感する事がたびたびです・・・
本人に聞ければ一番良いのですが・・・・
飼い主の決断にゆだねられているから悩みますよね
今回の決断も良い方向に進んでくれることを祈るばかりです・・・
ありがとうございます
頑張ります

| アマビリタ | 2007/03/27 19:07 | URL | ≫ EDIT

愛があれば・・・

どんなに辛く悩まれたことか・・・
どうかその決断を信じてください。
どんな決断も愛があればこそだと思います。
私は13歳半でdandyを送りましたがまだまだ
やれることもあったのでは・・・と。
でもそのときdandyにとってなにが一番かと考えて
出した結論でしたから。
もう今はそれでよかったと思っています。
いくつになってもどんな状態でもそばに居て欲しい
そのとうりですよね。

辛いこともみんなが応援しています!
ワン繋がりのパワーは絶大ですよ!!!
dandyパワー送ります

| dandyママ | 2007/03/27 18:16 | URL | ≫ EDIT

☆coobisさん

皆さんが、みなさんのワンコちゃんを思う気持ちとなんら変わりませんよ
とにかく、お互いに、できるだけ長く一緒に居たい!!と言う気持ちのままに
行動しているのだと思います””
せっかく出会えたのですから、長く長く一緒に居たいものですよね
すでに互いにかけがえのない存在になってしまっているから・・・・

頑張りますよ””これからも応援よろしくお願いいたします

| アマビリタ | 2007/03/27 16:13 | URL | ≫ EDIT

☆リータンさん

いらして下さったのですね!!
ありがとございます!!
リリーちゃんはグレード2~3だったのですね!ソブリンは4だったなんて、本当にびっくりしました
ソブの場合、治療方法がソブの体に合っのでしょうね!!
年齢の割には、基礎体力もあったのかも・・・

まだまだ闘いはこれからなので頑張ります

| アマビリタ | 2007/03/27 16:09 | URL | ≫ EDIT

☆ルビママさん

唯一の楽しみの食べる楽しみ奪ったらかわいそうですよね
年々楽しみが少なくなった今、唯一の楽しみですから・・・

14歳と言えども、まだまだ一緒に過ごしたいですよね
頑張らなくちゃ
ルビーちゃん元気ですよね

| アマビリタ | 2007/03/27 11:35 | URL | ≫ EDIT

Unknown

金銭的な負担は大きいけれど、治療の選択肢があり、
何と言ってもソブリン君には治療に耐えられる体力が
備わっているんだもの。
新しい薬の効果があることを祈っていますよ!

あのソブ師匠の目力とバゲットゲットの動きは
素晴らしいわ

| シンバママ | 2007/03/27 09:13 | URL | ≫ EDIT

ガンバレ!

はじめまして・・いつも拝見してました。
ソブリン君とアマビリタさんにガンバレを言いたくてコメントしますね。 美味しいものを美味しいって食べてくれるって一番嬉しいことですものね。
ソブリン君に負担がかからない治療法だったら、それに副作用もないのなら・・良い方向にいくといいですね! 応援しています。 あっ、それからうちの15歳のウイリーにも肥満細胞腫切除後からずっとdフラクションを与えています。 ガンバレ!!

| yuko | 2007/03/27 02:38 | URL | ≫ EDIT

応援しています。

ここまでがんばっているソブリンくんなら、きっとまた幸運を呼び寄せてくれると思います

応援することしかできないですけど・・・
ソブリンくんとのまだまだたくさんのウマウマ&幸せな生活が続きますようにお祈りしています

| こまま | 2007/03/27 02:21 | URL | ≫ EDIT

Unknown

ソブリン君、ウマウマを食べる楽しみがあるならまだまだ大丈夫よ!
どんな方法であれ、アマビリタさんが決めた方法がソブリン君にとって最良だと思います。
だっていつも一緒にいて、一番ソブリン君のことをわかっているのですから。
アマビリタさんとソブリン君のおだやかな日々がずっと続きますように。

| うにまいす | 2007/03/26 22:23 | URL | ≫ EDIT

Unknown

がんばれ~
ただずーとずーと一緒にいたいだけですよね
新しいお薬が効いてくれること祈っています
食欲があるのは元気な証拠!
ソブリンちゃんまだまだいっぱいい~っぱいおいしい物食べようネ

| マロプリサ | 2007/03/26 22:10 | URL | ≫ EDIT

頑張って!

以前手術の時に迷う事があって、ある掲示板に相談したら「飼い主がその子の事を思ってする事に良いも悪いもないんですよ」という言葉をいただいた事があります。

シニアになると、今まで以上選択や決断をしなければならない事が多くなってくるけど
アマビリタさんが、ソブリン君の事を思ってする事に間違いはないと思います。
ソブリン君が穏やかな毎日を過ごせるよう祈っています。
そして、大好きなうまうまもたくさん食べようね

| ♪メアままたん | 2007/03/26 21:52 | URL | ≫ EDIT

☆マータンのママさん

そんな。。。そんな失礼なんかじゃないですよ
私も頭の片隅には常に、”獣医さんもお商売”って思っていますよ””
ボランティアでやっている訳でないですし、職業としているわけですから・・・・
そんなに気にされないでくださいね

やってみ効果があらわれず、結果無駄になったとしても、
私はそれでも、やらなくて後悔するより遥かに良いと思っています。

それでもソブリンにはまだ抗癌剤の治療の道も残されていますから・・・・
この環境に居られたこと。
私の連れ子のソブリンに、そこまでの治療を受けさせくれる主人に感謝しています

今日もソブリンは元気いっぱいです””
皆さんに”カッチョ良い姿”を見せられるよう
毎日元気に頑張ります}/hiyo_do/}

| アマビリタ | 2007/03/26 20:48 | URL | ≫ EDIT

Unknown

ゆっくり、ゆっくり読ませて頂きました。
とってもとってもソブリンくんへの愛情を感じる文章でした。

ステージ4での発覚、そしてそれから8ヶ月。
この治療の難しさを御存知の方なら、今までアマビリタさんが決断されて来た全ての選択が「合っていた」とわかると思います。

そしてここまでソブリンくんが、がんばってくれているから
アマビリタさんもゆっくりゆっくり考える事が出来たとのだと思います。
本当にアマビリタさん想いの息子さんですね♪

そんなソブリンくんを一番愛してらっしゃるアマビリタさんが考えて考えて出した選択です。
きっと大丈夫。。。すべてが良い方向に向かってきているんですもの!

平均とか統計とか気にしないで下さい。
もしもそれが1%しかないなら、その1%になっちゃえばいい!
始まったばかりの治療法なら、その最初の「成功」になればいい!

すっごく強く祈ってます!!!

| coobis | 2007/03/26 20:47 | URL | ≫ EDIT

☆ロジャー’sご主人さん

試みようと決心した理由は、飼い主である私達には
金額的な事で負担はかかりますが
ソブリン自身への負担がほとんどないという事で決心しました。
駄目もとでやってみようと思っているので、これでもしも効果が現れたら
もーそれはそれはラッキーですよ

ア○バ○さんの介護用ハーネスは昨年7月に
自力で立てなくなったときに購入したんですよ!!
すっかり使用していませんでしたが、また出して来なくちゃ
皆でがんばりましょうね

| アマビリタ | 2007/03/26 20:35 | URL | ≫ EDIT

☆DOGLABさん

14歳も生きてればじゅうぶん””と仰る方もいらっしゃれますが
14歳のお誕生日を迎えれば15歳まで頑張ってほしいと
思うし
15歳まで生きれば今度は16歳・・・
と欲は出てきます。やっぱり年齢ではなく
とにかく一緒に居たい””その気持ちですねマチルダちゃんは下痢がよくならないのですね”可愛そう
なんとか元気になってほしいです
頑張れマチルダちゃん

| アマビリタ | 2007/03/26 20:27 | URL | ≫ EDIT

祈っています

そうですか。
リンパが腫れて来ましたか。。
グレードが4とのことですが
リリーは2~3ということでした。
それでちょうど半年でした。
改めて、ソブリン君の生命力の強さと
アマビリタさんの献身的な介護に頭が下がります。

新しい治療法が成功しますよう、祈っています。

| リータン | 2007/03/26 20:07 | URL | ≫ EDIT

頑張って・・・

14歳という年齢を考えると無理させたくないですよね。
楽しみも奪いたくない・・・
でも、治療の選択ができるのなら、できる事はしてあげたい・・・

ルビーの血もどうぞと言いたいですが
14歳ですもの、断られてしまいますよね。

とにかく、ソブリンくんがウマウマ生活をできるよう
祈っています。
頑張って!!

| ルビママ | 2007/03/26 18:16 | URL | ≫ EDIT

Unknown

文章にしてしまうと5分で読んでしまう内容にも語りきれぬ思いが隠れていると感じました。
以前、獣医さんもご商売・・・とコメントしたことを失礼致します。
ソブ様のことを一心となって診てくださる先生なのですね。助けたいと思ってくれる心と高度な治療と技術を持っている先生に出会える確率は少ないです。そして治療を受けさせてあげられる環境にあるのもラッキーな事。ご主人様と選んだ治療を前向きに勧めていいと思います。

ただ、先が見えないのは不安ですよね。
走り出したからといって止まる事も休む事もできますからどうか無理はしないで下さいね。
ここまで調べて悩みぬいたお気持ちお察し致します。

ソブ様にとってウマウマな日々が益々増えることを祈っていますよ~。
アマビリタさん、ソブ様頑張ってくださいね。

| マータンのママ | 2007/03/26 17:22 | URL | ≫ EDIT

Unknown

何度も読ませていただきました。
実は、ロジャーの前に飼っていたシェルティが
罹った病気が、まさに薬、治療法が確立されていない
病で、その病気に罹ってしまった子全てが
臨床実験対象というものでした。
当然、死後解剖にも献体いたしました。

そういう子達と獣医師の努力で、現在は薬も治療法も確立されております。

あの時は、他に選択肢がなにも無かったので、
悩む事もなく、ただできることを!と先生にお任せしておりました。

アマビリタさん、ドン様がだされた結論を
心から応援させてくださいね!

後足の衰えは、筋力の低下もあり悲しいことですが
それを受け止めてあげ、介護の補助ベルト等で
サポートしてあげる方がソブリン君が
立ち上がる際に楽かもしれません。
ア○バロさんのあの介護ベルト!
ロジャーもいつかお世話になる日が来るでしょうね♪

とにかく、今の元気なソブリン君のQOLの維持
これが一番の課題ですから
一緒に頑張りましょう

| ロジャー’S主人 | 2007/03/26 16:42 | URL | ≫ EDIT

老犬の場合・・・

どこまでできるかとうことが邪魔してつらいですよね・・・
うちの14歳のラブルビーも去年9月に肥満細胞腫の手術を2度しました。
14歳だと治療をするにも色々考えますよね・・・
うちはほぼ同時に同じ悪性の腫瘍に5歳と12歳の子がなり、若い子は若い子の辛さもあります。マダ若いのにという気持ちも辛いです。14歳の子には14年も生きれたし・・・でも・・・
いずれにせよ辛さはあまり変わらないですけどね・・・
何をしてあげるか、してあげれるかを決めるのは辛いです。
だけど飼い主しか決めれないですもんね・・・
ファイトファイトソブリン君
ファイトファイトアマビリタさん!!
陰ながら応援してます

ディーバの姉妹のマチルダも5歳の若さでリンパ腫と戦ってます
少しだけ食事がとれるようになったようです。下痢はまだ止まらないようです

| DOGLAB | 2007/03/26 14:37 | URL | ≫ EDIT

☆Hirokoさん

お帰りなさい

本人はいたってのんきに過ごしています{face_heart/}
美味しいもの食べられれば、それで幸せ
って思ってるのかな
今もキッチンに座り込み作戦みたいです

また会いに来てくださいね

| アマビリタ | 2007/03/26 13:52 | URL | ≫ EDIT

☆レナママさん

いつも色々詳しくありがとうございます。
D-フラクションの事以前から知っていて、昨年から検討しながらも
まだ購入していませんでした。
レナちゃんには効果が現れたのですね”
主治医とも相談してみます。

豚の胸腺はサイマックスというお薬ですが、まずは
このお薬を試してみて・・・というところで
今のところは、併用するかどうか決まっていません。

| アマビリタ | 2007/03/26 13:49 | URL | ≫ EDIT

☆タケルママさん

苦しめるのは可愛そう・・・
14歳という高齢ですから、若い子とは違って
抗がん剤のダメージも大きいと思います

治療の選択肢があることと、最先端の治療を受けられる環境に感謝しています

そうですね!最後までソブリンのQOLを守る事を目標としますね
あたたかい応援ありがとうございます

| アマビリタ | 2007/03/26 13:35 | URL | ≫ EDIT

☆ちよぽんさん

今のソブリンの唯一の楽しみだけは、奪いたくなくて

ありがとうございます。
何かお願いする時が来るかもしれませんが・・・
そのときはどうぞよろしくお願いいたします

今日も元気にしていますよ””
元気な姿で皆さんお会いできると思います

| アマビリタ | 2007/03/26 13:31 | URL | ≫ EDIT

また会いに行くからね!

ソブリンくんはアマビリタさんの決断をすべて受け入れていて、そして受け入れることそのこと自体がソブリンくんの幸せでもあるのだと、私は感じています。
だから、自信を持って進んでください。
考えて、考えて・・・そして悩んで出した結論です。
もちろん軌道修正をすることもあるでしょうけれど、いつだってアマビリタさんが出した答えが最善なのです。
応援しています。
そしてまたかっこいいソブリンに会わせてくださいね

| Hiroko | 2007/03/26 13:00 | URL | ≫ EDIT

Unknown

一歩、前進するために、選択していくことはとても勇気が入り、心にずっしりきますね。ソブリン君の状態を理解して無理のない方法を提案してくださるいい先生にめぐり合われて、よかったです。ソブリン君の負担が少ないことが一番です。治療の成功を、心から願っています。

もう、すでに実践されていると思いますが・・・。
これからの治療(胸腺の投与・免疫療法ともに)は、リンパ球の細胞一つ一つを大事にしていく治療です。
ソブリン君の生活環境から、発ガンを促す可能性のある物質、電磁波をできるだけ排除するような環境が大事になってきます。
●水は化学物質を除去した浄水
●オーガニックな食品を使った食事
●サプリメントへの注意(サプリメントは固形化するために様々な物質を混合しています。使用物の確認が大切です。)
●ケガをしないこと。
不必要なところに、リンパ球を消費しない環境づくりが、家族ができることなんです。

レナは、特にがん細胞をやっつけてくれるリンパ球(CD8、T細胞)に着目して増殖させています。免疫治療が始まる前の2週間でしたが、下記βグルカン(D-フラクション)を与えていたところ、1.5倍に増えました。
この、サプリメントは、レナのホームドクターから勧められて、始めたものです。参考にしてください。

http://www.rakuten.co.jp/wwpc/523691/525678/525681/630960/" target=_blank>http://www.rakuten.co.jp/wwpc/523691/525678/525681/630960/
販売製造元】ZENOAQ 日本全薬工業(株)
犬猫用 D-フラクションプレミアム(マイタケ抽出エキス)

質問してもよろしいでしょうか?
胸腺の投与と免疫療法と、同時進行でおこなうことのお話はあったでしょうか?





| レナ・ママ | 2007/03/26 12:31 | URL | ≫ EDIT

Unknown

アマビリタさん、お久しぶりです。
アマビリタさん達が、納得がいく治療が見つかった事を本当に嬉しく思っています。
苦汁の選択だったと思いますが、とても良い治療を選択されたのだと、私は感じます。
タケルの場合も同じでしたが、やはり、苦しめて苦しめてというのは、辛い・・・・ですね。
ソブリン君、抗がん剤の抗体ができているのかもしれませんね?どんな薬にも限界があるのです。
主治医の先生とても研究熱心で命の尊さを知り、心ある獣医さんだと思っています。高度最先端医療を行う側も受ける側も勇気も努力も苦労もあるのですが・・研究?実験?なんて考えないで下さい。私も、2人の心ある獣医師のおかげで救われたんですよ~。SOULまで治療して頂けたのですから・・。
どうか、最後までソブリン君のQOLを守る事を目標とし、頑張って下さいね。ソブリン君への愛情の深さ・2人の絆の深さは強すぎですから、大丈夫でしょうが・・・、心から応援させてもらいますね。
科学の力・・・私は信じています!!



| タケルママ | 2007/03/26 11:02 | URL | ≫ EDIT

がんばって

うめぽんのことを思い出します。
ウマウマの喜びを奪わないようにできることを
してあげてください。
免疫治療に元気なわんこの血液が必要で、お手伝い
できるのであれば我が家のわんこがそちらへ
向かいます。
輸血用や保存してあるものよりも活きがいいはず。
必要があればいつでもおっしゃってくださいね。
ソブくんのがんばりを祈り続けています。
アマビリタさんもしっかり!

| ちよぽん | 2007/03/26 09:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sove111.blog136.fc2.com/tb.php/48-d27e060f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。